2018年11月14日

エアコン買取王、学童保育所に「中古エアコンを無償提供」する取り組み

今日読んだ記事はエアコンのリユース事業に関するものでした。
今は様々な家電がリサイクルの対象となり、形を変えて再利用される時代ですね。
その中でエアコンもご多分に漏れずリサイクル対象製品なわけですが、リユースの
対象ではなかったそうです。
そう言われれば、リサイクルショップなどでも、中古エアコンを見かけたことが
あったような、なかったような。

なぜエアコンのリユースが進まないかというと、手間がかかる。
まず取り外し、点検や清掃など他の家電を中古で売るよりも、専門的な技術力が
必要となってしまうからだそうです。
そのために、まだ現役として使える製品であっても中古品としての再利用が
進まない原因となっているようです、これは勿体無い話ですよね。

そんな中、愛知に本社を置く元気でんき鰍ェ立ち上げたのがエアコンの
リユース事業エアコン買取王
大量のエアコンを点検清掃できる技術を開発し、本格的に中古エアコン事業を
展開しはじめたそうです。

この事業の取り組みの1つが小中学校や幼稚園、保育園、被災地への
無償提供事業。
まだ使えるものを本当に必要な所に無償で提供していくという素晴らしい取り組みだと
感じました。

今年の夏は本当に暑かった。
学校などでは、予算がつけばエアコンの設置をしてもらえても、つかない施設は
我慢するしかない。
気温が高い中でエアコンもなく、大人数が1つの部屋に集まっているという状況は
身体的にも危険な事ではないでしょうか。

エアコン買取王が行っている中古エアコンの寄付というのは、前例がない
取り組みのようですが、これから増々広まりをみせてほしいと感じました。

実際に名古屋にある保育所の保護者がこの取組を知り、2台のエアコンを無償で
提供されたことが、中日新聞に掲載されているようですので、一度お読みになってみては
いかがでしょうか。





ドリームニュース・ブログメディア参加記事



posted by ポチ丸 at 14:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

ペットが喜ぶ新しいスタイルのキャリー用クッション「キャリークッションベッド」、クラウドファンディングで支援者募集開始

本日読んだ記事はペットが喜ぶキャリークッションをクラウドファンディングで
資金を集めて量産したい!というものでした。

クラウドファンディングといえば、古くから資金調達の手段として行われてきましたが
パッと頭に浮かぶのは「投資型」と「非投資型」のものではないでしょうか。

「投資型」クラウドファンディングは文字の通り、出資したお金に加えて出資者に
経済的リターンを分配することを目的とするものです。
一方の「非投資型」は代表的なものとして寄付を目的とするもので、出資者への
リターンはありません。

今回はペットの為にハンドメイドでキャリー用クッションベッドを作成している
ハンドメイド作家さんが、注文多数によって発送が追いつかないこの商品を量産したい!と
支援者を募集しているということでした。
そのキャリー用クッションベッドがこちらの画像。

ペットが喜ぶ新しいスタイルの<a href=

ホームページも拝見しましたが、可愛らしい作品がいくつも掲載されていて
人気のハンドメイド作家さんのようです。

今回面白いと思ったのが、このクラウドファンディングサービスを行っている「kibidango」。
この「kibidango」のクラウドファンディングは「投資型」でも「非投資型」でもない
そうなんです。

では何のために支援をするのか?といえば、これはいい!と思ったサービスや商品・
体験やワクワク感にお金を出して、実現のお手伝いをしてみませんか?という
クラウドファンディングサービスだそうです。

ここ数年広がりを見せているクラウドファンディングですが、様々な形に変化してきているのだなと
びっくりしました。
ペットのためのキャリー用クッション量産という夢を一緒に応援したい、
そんな方は一度ホームページをご覧になってみてはいかがでしょうか。








ドリームニュース・ブログメディア参加記事



posted by ポチ丸 at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする